凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

目覚めた

スポンサーリンク

少しずつ
決まってきました
離婚についての条件が。

慰謝料は0
財産分与は一部
家を借りられる
家にはやつがどんどん定期チェックにくる
(何様なんだ?とはいうものの
やつの家。その時は逃げる)
面会は子どもと連絡をとって、やる

とは言ってもどんどん帰ってくるだろうから
支配下に置いてあるつもりだろう。
子どもにも逃げ道がある
嫌だったら私と居ればよい。
それに
嫌なことから
こうやって逃げればよい
って前例が私が作れたことは
とても大きいし
脳内のコントロール
お父さんといないことで
溶けていくと思う。
現に
上の子は
少しずつだけども、イライラが減り
卑屈なとこもめだたなくなり
屁理屈は相変わらずだけれども
下の子とも少し話すようになった。
やつが帰ってくると
やっぱり戻る。

私がやんややんや
モラハラはおかしい
絶対やってはいけない
完全犯罪だ
と言って分かる問題でもない

やつのもたらすモラハラ環境が
作り上げた家庭は

穏やかな仕事の出来る思考深い父親と
常にイライラ
メンヘラな元気のない
奴隷のような母親
静かな常に気を使った
物わかりの良い子ども達

だった。
本当は真逆の状態だったけど

離婚を決めて
(紙面ではまだだけど)
よかった。
常に人の言いなりの
私が
こんなこと、出来るなんて✨
自分の意思で
嫌なことをたちきる勇気と
思考がもてたなんて
はっきり言ってすごい。
母親にはバカだアホだと言われたけれど
違うかもしれない

だから
モラハラカウンセラー
じょー先生の
モラハラ被害者の真の実力」
って記事にあった
モラハラ被害者に足りないものは
自信だけ
って言葉
案外本当かも知れないね

それとね
ずっと考えてたことだけれども
目に見えない完全犯罪を成し遂げる
モラハラ男はね
罰は当たらない?
だとしたら
なんだかなあ