凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

カッコ悪い自分

スポンサーリンク

クリスマスイブですね
DSC_0219
写真のセンスは
驚くほどありません
散らばったテーブルの上のようですが
🍢とミートソースとチキンと
カニグラタン
すごくおいしかった💕

昨日までの調子に乗ってた私が
お昼のメールで哀しみにくれました。
『そちらのお店に行く時期を
店長と相談しました。
店長が3月に入院するかもです。』

『そうですか。
ではまだ4月や5月まで
そちらの美容室で働くことに
なるかも知れませんね。
こちらもどう、受け取ったらいいのか
わからないので
1月以降の面接の採用をしますね。
もし、
めいさんを受け入れられることが
できなくなってたらスミマセン。』

。。。そうなんだ
3月になって
喜び勇んで新しい美容室へ
行こうとしても
働く場所がないかも知れない。
子どもも私も路頭に迷ってしまいます
子どもの将来もめちゃくちゃ
進学するお金がないかも知れない
それどころか生活していけなくなる

そうか
それほどふんわりお兄さんは
私に、執着してなかった。
無関心というものでしょうか
シングルマザーになろうとしている私には
残酷な
通達でした。
しかし、
そんなものなのかも知れないです

私はツインソウルが現れた気分に浸り
何があっても
絶対的な安心感で
心の深い所では繋がっていれる
双子の魂だから

などと
空想に胸を踊らせていた。

カッコ悪い自分を
また自分で責めました。
いつもの
私の癖が抜けません