凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

自分を肯定する強さ

スポンサーリンク

ふと思った。
なぜ?と

いつも誰にでも私はよく
ああした方がいい
こうしなきゃあダメよ
ってお話しされる。( ̄^ ̄)
皆、私の為を思って
良かれと思って言ってくれるんだけれども
その中でも
よく言われることは

謙虚であれ
素直であれ
日々勉強
こんな感じのこと
私は常にそうやって思って 
常に努力してるよ?
なのにどうしてそんなこと
言われるのか
そこが不思議。
今日もオーナーに指導を
頂いた。
今までは

ああその通りだな、もっと
頑張って人に認められよう!!
と必死に努力を重ねるのだが
その結果
人に認められるわけでもなく
自分で満足するわけでもなく
もっともっとって追い詰め
どんどん苦しくなるばかりだった!
これが現実

そう気づいた。

頑張っても
私は満たされない
人から認められないのだ。
それどころか
もっともっとまだ足りない
と言われて
無理して
心を殺して
人の意見に共感し
そのうちに心が折れる
ポッキリとしてからも
根性で這い上がり
またも努力。
そしてポッキリ

ずっーとこの繰り返し。

人は誰も
私を気にかけないし
私が欲しいものを与えてはくれない

そういうものだ。
効率的、合理的、建設的に
この苦しさについて考えると
そう。
私は自分で自分を認めないと。

こんなこと今までも
山ほど言ってる気がする
わかってはいるが
自分を肯定できなかった


もう終わり。
具体的にしっかりと自分の気持ちを
わかっておこうと思う

うるさいオーナー。
わかってるわい
私は謙虚すぎて物事が進んでかない。
が教えてもらってるブローテクニックは 
これから相当使えるから
覚えておこう
ずる賢く
もしかしたら覚えてから
新しいお店に移るとかするかもよ。
図太いでしょ?
それでもいいじゃないのお

と。
ちょっと汚い言葉ですが、
言っちゃったさ
心の中で。笑

これでよし