凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

モラハラ被害者、ある日、死を考えた

スポンサーリンク

小林麻央さんが亡くなりました
毎日
毎日私はブログを読んでいて

麻央さんが頑張ってるから
私も頑張ろう
って本気で思ってました
そして本気で
奇跡で良くなるものだと信じてました

神様がいるなら
優しくて
思いやりがあって
笑顔の人に
奇跡が訪れないわけがないと。

私が今日
無表情で淡々とした仕事をしていた一日は
麻央さんには
子供や愛する人
幸せに満ち溢れ過ごすことができた
一日だったでしょう。
それを私は
いつ死んでもいいかも

死んでも誰も何も思わないだろうけど
と考え
どーーんと落ち込みました。

そうです
私は生きられるのに
自らを蔑んで
勝手にネガティブになっているのです

こんな人

私、変わりたい
と思ってます
まだ、
そのままの自分を好きになれません

モラハラ加害者から物理的に離れて
3か月もたちます。

なのに
まだ立ち直れない
モラハラ被害とは関係ないのかも知れません。
私の考えでは
人からも大切にされません
自分の心に
揺るがない愛情が欲しいです。