凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

スポンサーリンク

仕事でした
忙しくも爽やかな風が吹き抜けるような
そんな店内でした

お客様の中にね
50代の男女が居てました
男性は病院の先生なのですが
なんかいちゃいちゃしていて
まさかー女性は愛人かしら(。ノωノ)
と眺めてました
グラスの白ワインを一口飲むや否や
ポツリと

『この味 ドイツだな…』と
『イタリアのワインでございます』
と私

赤ワインを一口飲むや否や
『ドイツだな…』
私『イタリアでございます。』
先生『…………』
愛人らしき人『………』

よけいなこと言ってしまったかな
その後もいちゃいちゃしてたから
ま よいか(´・_・`)

久しぶりにメガネさんに会ったけど
何をお考えかわかりませんねぇ

髪を切ったから
メガネさんの前でゆらゆら揺らいでたけど
反応なかったよ
可愛くない( ̄^ ̄)

その内話して来るでしょうけど
男の気持ちはわからないものです。

大きいおじさんが
○○~♪!
と名前を言いながら
私の頬を触って来るんだよ
そんな事されたことないから
びっくりした
はにかんでみたものの
おじさん 欲求不満かなって心配したよ
普段顔触って来る人なんて
いないものね 


寝ようっと
おやすみなさい