凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

ヘルニアという名の地獄をみたことがあるかい?

スポンサーリンク

ヘルニアの痛みが
まだ本格的ではありませんが
やってきました。
痛みで冷や汗をかき
ベットの上で痛みで唸る 気を失うに近い眠り
痛みで起きる
この行動を
痛みが弱くなるまで
数日間繰り返すのです
相当なダメージです

トイレには匍匐前進ですが
その格好になるまでもなってからも
激痛のツボに触れうなり声がでます
全てが腕力に委ねられ
匍匐前進しながらも途中で力尽きる
きを失うに近い痛みを姿勢をかえつつ
何とか逃す
数センチずつ進むのです

私の場合 生理中のことが多く
貧血もあってか
トイレの便器からすりおりようとした瞬間
気を失いひっくり返って頭を打ちました
鮮明に覚えているのはトイレから立つ時
あまりの目眩と気持ち悪さで
死んだほうがまし…
というとんでもないことを考えたことです
瞼を閉じた瞬間
ふ と何かから解放された
気がし
そこから記憶が途切れ

気づいたら目の前に便器と床がありました
気を失うってこういうことなのですね
全ての思考か停止し
全てを支配していた
痛みを感じることもありませんでした。
ただ目を閉じただけ
それだけで時間が飛んでいました。



食事は作れません!
それどころか座れないので
寝ながら食べるしかありません
体力はめちゃくちゃ使うので
お腹はものすごくすきます
しかし
主婦にとって 料理も家事もしないのに
食事を寝ながらとる
なんていう夢みたいな話しは
申しわけなさすぎて
できないのです。
精神的にもキツくなります
歩いて冷蔵庫へ行くことを
夢みるようになります 笑
なのでお腹が減っても
3日間ほどはガマンしちゃいます
子どもや旦那さんは
驚くほどたよりになりません
ビックリしちゃうのが
言ってもやってくれません
家事をやるために起きてと
拷問のようなことを言ったりしてきます
悪気はないのでしょう
痛みがわからないのですね
なったことある人にしか
わからない痛みなのでしょう
数日間
意識中を痛みが支配してます


楽しいおじさん
金城幸正先生によると
腰の痛みは
面倒くさがりやの人がなるものだそうです
面倒だから片手間にやる
だからからだの軸である腰が
物事と向き合ってないだそう
なるほど~と関心しました
仕事中もこれしてあれして
と本腰をやらずに
忙しさにかまけている作業中に
腰がヤバくなりました。
やりたくないのにやらせられてる
時にもなるそうです
子ども会の仕事を
むりやりやらせられました。
そちらは辞めれません
でも
料理や片付け
仕事の作業はそのものに
真っ正面から取り組もうと決めました。
それにしても
めんどうくさがってるからと
ひどい仕打ちですよねぇ

激痛になりませんように…
あの痛みが恐ろしいよぉ…