凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

タイミング

スポンサーリンク

スパッと切り捨てる
ってこの前言ったでしょ

今日一生懸命考えて
メガネシェフが意地悪になった
原因が少しだけ分かった気がする。
あのね
私 まじめシェフとは仕事始めた時から
仲良しだったのね。
ほっこりした雰囲気と
ちょっとふざけたところもあり
そしてナイーブな所もあり
生き方が不器用な所が
私とソックリで
親しみがわいた。

そのまじめシェフの親友のメガネシェフは
優しく明るく穏やかな人で
誰とでも上手くやっていける
コミュニケーション上手な人
私はだんだん仲良くなっていったの

3人で仲良くしてることが
仕事場でも多くてね
ぶっきらぼうに
冗談を話してくるまじめシェフを
私とメガネシェフが囲んで
笑ってることが多かったの

ま 「おい。メガネ~。めっくくんが
メガネのこと 笑った顔が気持ち悪い
って言ってたぞ~」
私「言ってない言ってない。」
メ えー( ̄∇ ̄)

ってたわいもない会話ばかりしてた
楽しかったな。

でね 
休みの日にメガネシェフと会うことがあって
手を繋いだ時に ブルブルと震える
メガネシェフがピュアすぎて
私はだんだん惹かれていったわ
私のようなあばずれには
言動が眩しすぎてね。

その頃
まじめシェフなんだけど
人の隙をついておさわりをしてくるように
なったわ
お客様や従業員のいない隙を
それは上手く狙って。
ある時
ふざけたまじめシェフが
「今 めっくくんを触ってきたぞ」
とメガネシェフに言ってるのが分かった

耳がとおいからこうみえて
口唇術が得意なんだ。
それを聞いたメガネシェフ
ギョロっと目を泳がせて
え??今?と
怒りモードだった。

ちらほらと嫉妬の言葉を口にするように
なったわ
同時に一緒に居たいこと
会いたいこと
困った顔が好きとか
押さえ気味なアピールも
するようになった


ある時を境にピタリと止んだ
そして私を避けだした
間接的に私を怒るようになった。
それに白子ちゃんと目の前で
いちゃいちゃしだしたんだ。

嫉妬が憎しみにかわる時が
あっけなくおとずれた
こうなったら男は無情だ

まじめシェフのおさわりは
おふざけなんだ。
恋愛感情というより
気の休まる私で遊んでるだけ
最初はびっくりしたけどさ
慣れてくるもんだね
そこが私の変わったところだよね
普通は ヤメテクダサイ!
って拒否するとこ
平気だった
たまに
頬にチュッとしてくることもあった
まあ 嫌な気はしなかった。

その状態を見られたのかな
それともまじめシェフかメガネシェフに
言ったのかな。

私が好きな人が
誰かといちゃいちゃしてたら
ハラハラすると思う
そして憎たらしくなるだろうな
裏切られた気もする。
だからメガネシェフが怒ったんだろうな
仕事の内容とかより
私のこと 人としてどおなの?
って
しょうがない(´・_・`)
耐えるしかないね
もし 言うタイミングがあったら
「メガネさんの気持ちも考えず
好き勝手してたかもしれません。
何が原因で怒らせたのか
心当たりが多すぎてわかりませんが
穏やかなメガネさんが怒るのはよほどの
事だとわかります。
だから何か傷付けてたら
ごめんなさい」
と。
素直に
まあ 本心は
私が仕事以外では何しようと関係ないじゃん( ̄0 ̄)
ですがね
仕事がしにくいからね。

今は無視されるから言えないけど
ホトボリがさめた頃ね
結婚も恋愛もタイミング♪
謝り時もタイミング♪

そんなわけ
でわ!