凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

高知水難事故で亡くなった 優空くんと一緒にいた子供の親へ

こんにちは カウンセラー画家

上杉めいです

 

今日は高知の水難事故で起こった 不可解な点と

溺れていく優空(ひなた)くんを 溺れて沈んでいくのを確認し

自転車を隠し なんども後から確認へ行き

家で食事をとっていた

もしかして いじめをしていた加害者児童の

親に向けて書いてく

 

事件の経緯をざっと

endia.net

 

優空くんの父親は

被害者の父親は真実解明を求めています

大切な息子が亡くなったのだから当たり前のことです

 

詳しくは上のリンク先に載っておりますが

この事件の不可解な点をリンク先からお借りします

f:id:mekkukun:20190929130907p:plain

明らかにおかしい点がありますね

真実は私にはわかりませんが

 

もし、

(仮定の話です)

本当のことを言わないように

誰かにお子さんが指示されていた場合、

または

親が本当のことを言わないように指示していた場合

または

加害児童が自ら事実を言わずに隠している場合

 

今後 加害児童がどのようになっていくかを書いていく

 

私は個人的に

誰も苦しめない嘘はついてもいいと思います

でも 今回の場合

まだ7歳のお子様が亡くなっています。

真実を明らかにするべきです

 

では

この場合 後天的に

生育環境により人格になんらかの影響がでた場合

(本人が何をしたか一番よく知っています

何の影響もない

ということは考えられません)

 

大まかに2種類に分けられます

 

自分がしたことで

常に自分を責め 

恥、

恐怖や不自由さに怯え

自己肯定感をなくし

自己否定の気持ちに苦しめられ

罪悪感を持ちながら一生を過ごす

 

どんなに反省しても

取り返しもつかない

過去の罪を拭うことはできず

地獄です

ここでは被害者体質と言います

 

 

そしてもう一種類の人格

自分のしたことの責任を

全て他人のせいにし

自分が簡単に楽になる道を選ぶ。

(いじめる側に心を売り

いじめに加担するような

卑怯な人間になります)

加害する人に魂を売り払ってしまうような感覚です。

そうしないと辛くて行きていけないからです

 

悪いことは人のせい

社会のせい

周りのせい

親のせい

いつも他者に対してイライラしているので

攻撃性を秘めています

 

表面上 いい顔をしていても

損得勘定 そんな思考しか持てず

結婚相手からも逃げられ

一生 寂しい 怒りに満ちた人生になります

 

この場合 本人は悪いことは人のせいにしますので

反省はしないですし

真実を捻じ曲げ

人を陥れ いじめてでも

自分の強さを誇示しようとします

それはまるで人間の皮を被った悪魔です

 

もちろん親のせいにもしますので

親の未来も見えています

ここでは加害者体質と言います

 

もし

このまま

うやむやで事件を終えてしまった 加害児童の場合

どちらの人格になろうとも

この先何十年 いえ 一生

苦しむことになります

想像力を働かせてみてください

 

 

これだけ 不可解な要素が多くあれば

真実解明も近いかもしれません。

 

もし 子供の将来を本気で考えるならば

今すぐ然るべき公共機関へ行き

真実を話すことです。

この文書を読み終わったあとすぐに

食事や洗濯などといっている場合ではありません

 

たった一人でも構いません
この先あなたが一人になってしまったとしても

子供を寸前のところで守れます。

 

本来守ってくれるべき大人(親)だから

子供の先の未来を守るべきだからこそ

事実を話すんです

 

報道や警察に事実を明らかにされる場合と

親御さん自ら話に行く場合は

子供はどちらが親を

唯一無二の頼れる人だと認識しますか?

嘘を言う親ではありませんよ

生き方を背中を持って教えてくれる親です 

 

 

優空くんは話したくても話せません

 

 

世間からのバッシング

周りの人とのしがらみ

そんなことより子供の未来です

 

子供がこの先も行きていけるように

生き方を踏み外さないように

親のあなたが助けてあげてください

今なら

まだ間に合うと思います