凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

これでモラハラ夫とは一生のお別れです モラハラ脱出意気揚々と

スポンサーリンク

こんにちは

大好きな相手に

お金の無心をされ 

大ショックを受けている上杉めいです。

やっぱり人間って怖いです。

なんて こんなこと

モラハラ夫と暮らしていた日々を考えたら

鼻くそみたいなもんです

今にどうってことなくなります

 

今日は

モラハラ夫の家を去る当日

脱出当日のことを書いていこうと思います。

 やっと脱出当日ですね!心の準備と段取りは前日までに終わらせ脱出は無心で

 

モラハラ離婚では

あなたの考えをコントロールされているため

相手と離れることが肝になります。

話し合いもできない相手で

モラハラ夫は普段は暴力は伴わない虐待なのですが

たかが外れると何をするのかわかりません

 

モラハラがたかが外れやすくなる時が

2種類あります。

それは

・仕事を離職する 母親から見放される

 など依存するものから離れた場合

・ターゲットの裏切りを感じた場合

です

 

ターゲットが脱出するということは

モラハラ加害者にとっては

最大の裏切り行為となります

たかが外れた場合

破滅的行為

暴力に走る場合も考えられます。

加害者にとってはあってはならないこと

どうすればいいのかわからなくなってしまうことだからです。

まともな相手ではありません

 

だから慎重に

気づかれないように

そしてその時がきたらパッと動くのです

 

前日までは普段と変わらない生活で

出来るだけパワーをためてください。

 

加害者と一緒の生活ではなかなかそうはいきませんが

加害者と離れている時間をなるべく作ってください。

その時に全身の力を抜いて

嫌なことを考えない時間を作り

リラックスするように心がけてください。

 

前日までの

心構えと

準備するものはここに書いておきます。

www.koottasekai.com

 

段取りチェックは前日までに終わらせ

引っ越し業者には

引っ越し理由を告げ

・当日の家の状況によっては中止することもあること

・家に着く直前には連絡を入れてもらうこと

・慎重に連絡を取り合いたいことも

・夫や近所に知られたくないこと

も伝えておいてくださいね

モラハラという言葉を知らない業者さんにも

DVという言葉を使うと協力してくださると思います

 

モラハラはDVですからね

その残酷さは

実際に同じ経験をした相手か

あなたに寄り添ってくれる相手にしか

理解できませんが。

 

密に引っ越し業者と連絡を取り合い

引越し屋が到着したら

ダンボールを受け取り

衣服をまとめ

必要書類(なるべくリュックサックなどに入れあなたの一緒に持ち歩く)

持っていく大きい家具

ベットなどの指示を出してください。

 

(私はベットと両親がプレゼントしてくれた電子ピアノのみでした)

食器類や料理器具も持ち出さない方がいいと言われています

あまり荷物はないのではないかと思います。

後悔することのないよう

二度と戻ってこないように

スマホのメモアプリに記入しておいてください。

 

20分もあれば荷詰めは終わると思います

 

思い出がたっぷり詰まった家を出るときも

振り返らず

感傷に浸らず

ぽんっと脱出して下さい

 

案外素早く終わりますし

いろんな想いにかられるのは後にします

絶対に失敗のできない脱出です

少しの間 無心になりましょう。

 

 

新居に着いたらまずやること

引越し屋に荷物を入れてもらい

ほんのちょっとの洋服を

入れもにに入れ

背負ったリュックの中身の

重要書類をわかりやすいところに置いたら

終了です。

片付けや掃除は後回しにしてもいいので

ゆっくりくつろいでください

 

アロマを垂らしたお風呂に入る

コーヒーを淹れる

大の字で寝転がる

 

好きなことをしてください。

 

今は

怯え震えながらやっていた料理を

無理してすることもありません

寝転んでいるからといって

怠け者だと罵られることも

新居にはあなたを

殺したいような目で睨む人もいません。

ここまで行動したあなたの勇気と

行動を褒めまくって下さい

 

もう虐待相手と顔を合わせることはないでしょう

 

私は理由あって

子供達の残っているモラハラ館に

戻らなければなりませんでしたが

自分の居場所ができたことで

珍しく眠れました。

その時のことはここです

 

www.koottasekai.com

 

 ただ

幸せになりたかっただけなんですよね

愛する旦那さんと子供たちと一緒に

普通の 

暖かい家庭を作りたかっただけ。

仕事場で怒られても

ワイワイ騒ぐ知人の中でたった一人で寂しくても

部活でうまくいかなくても

家に帰れば

優しく迎えてくれる家族 家がある。

それだけで充分でしたよね。

 

愛しい人達のために

家を綺麗にし

色とりどりの食事を並べ

笑顔で今日1日の出来事を話したかった。

でも何をやっても

どんなに笑顔でも

どうやってもダメなんです。

 

話し合おうとすると逃げられ

四六時中殺したい顔で睨まれ続け

階段を上り下りする夫の足音に怯え

冷や汗をかきながら食事をし

玄関を開ける音で

飛び上がり 頭が真っ白になる

そんな修羅場の毎日を

もう送らなくてもいいのです。

 

結婚したからという理由で

あなたの安全を脅かす理由は

どこにもありませんし

子供を利用され

家庭という地獄に縛られ

行動や考えを制限され

罵られるいわれもありません。

 

自分の身を守る権利はあなたにはあります

私たちは奴隷ではありません

当然の権利です

 

 本当にお疲れ様でした。

 

あなたの精一杯の努力と

優しさと

生きていたこと

 

尊敬と感謝の想いです

 

これからも応援し続けます

                  

 

ちなみに私がモラハラ生活で最も悲しかったことは

「モラハラ館から脱出すると」伝えた時に

子供達からの猛攻撃にあったことでした。

家を出てたった一人で

死ぬほど泣きました

あまりの涙の量に毛布が一枚びしょびしょに濡れました

www.koottasekai.com

 

それでもちゃんと生きています

 

死ぬほど辛いことがあっても ちゃんと生きてます

 

では!

 

心の傷によるカウンセリングは

下記のお問い合わせフォームから

簡単な悩みの内容を送ってください。

対応できる悩みであるかどうか返信いたします

 (お返事の遅くなる場合もあります)

www.koottasekai.com

 お問い合わせをいただいているようですが

うまく機能しておりませんでした

 

申し訳ありませんが今一度

ご連絡下さい。6/23

 

■インスタグラムurl

https://www.instagram.com/mei9260

 

メールアドレスをクリック

悩みの内容を書いて送信

 

■BASE

カウンセリングの活動資金にさせていただきます

mekkukun.thebase.in

 

■ツイッターのアカウント

@meiuesugi

 

上杉めいとは

 

モテ人研究会会長

もと美容師

画家 

カウンセラー画家など数々の異名を持つ。

 

 仕事による人間関係の悩みは

こちらのカウンセラーへ。

悩みの解決方法を一緒に探してくださる方です

カウンセリングルームは神奈川県の平塚です

ameblo.jp

 

 

無料メール講座のお申し込みはこちら↓

www.koottasekai.com