凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

うつになったら住む場所はどこがいいの?

スポンサーリンク

どこに住むかという選択が

ものすごい大事ということを私なりの見解で

書いていく

 

 

せっかく住むなら

好きなところが一番です

ね!

何もしがらみもないなら

自分の心に素直に考えてみて下さい

嫌な環境

仕事や、人付き合い、家族なら

そこから逃げるには住む場所を変更することは

ポンっと新しい生き方ができるきっかけになるし

ストレスを減らすため

体に良いと思うからオススメする。

 

アパート

とは言ってもアパートを借りるとなると

職業が不安定だったり

収入が少なかったり私のような

中年女一人で引越しなど問題がある気配しかしないので

不動産屋の審査がなかなか通らない。

そりゃそうですよね

髪を振り乱し泣き明かしたかさかさの顔で

不動産屋に訪れるおばさんの

訳あり感といったらハンパありませんww

 

妹や弟の収入までも調べられたり

親が働ける年齢かまでも調べられて

連帯保証人をどうするとか

保証会社を使うのかとか

通帳の残高を調べられたり

理由を聞かれたりするので

まだ、うつ傾向でも働けているうちに

「絵を描くのでアトリエとして家を借りる」とか

「主人が単身赴任になるのでその間の家を借りたい」とかいう理由で

お借りすればいいと思う。

大家さんは収入が途絶えることを嫌がるのであって

あなたの理由は本当はどうでもいいと思うから。

 

必要な資金はどのくらい?

だから貯金を貯めておいた方が良い

私はそこそこ街の住宅街の

1Kアパートへ一人で住む ユニットバス 築35年の場所で

一月4万円でした。

初期費用やら

必要最低限な家具を揃え2度引っ越して

80万円くらいかかったかなと思う。

うる覚えでごめんなさい

それにプラス動けなくなった場合の

生活費13万円(めっちゃ質素な生活)を1年分用意して

12ヶ月✖️13万円=156万

合計で236万あれば

なんとかなる。

 

引越を勧める理由は?

有り金果たして思い切る決断をした方が

めっちゃ気分が良いし

何より自分でそういう工程を踏めたということ

勇気が出たということが今でも誇らしいです。^^

だから環境からの脱出には引越を強くお勧めする。

 

 

 

家族(夫、妻、子供)

家族(夫、妻、子供)と住むのなら

私ならきっと

「こんな体でこんなお母さんでごめんなさい」

とか罪悪感を募らせながら生活していたのだと思うの。

そういう心のストレスってものすごく大きいから

お相手にもよるけど

なるべく避けたいと思う。

 

私の場合はモラハラ夫からの脱出だったから

あのまま一緒に生活してたら今はもう

この世にいないと思う

 

実家

もし何にも動けなくなったのならば

実家ほど頼れるありがたいところはないと思う

もちろん実家に行くのが嫌な人はお勧めしない

 

私の実家はめっちゃ田舎にあって

やっぱり変な時期に戻ると

ご近所さんの噂の的になったりしますが

だいたい今は離婚で出戻りとか多い話だから

そんなに気にしなくてもいいと思うの。

金銭面でもものすごく助かりますよね。

この上ないありがたさです

 

田舎

田舎であまり住居費かけずに

緑に囲まれゆったりとやりたいことをしながら

療養するなんて最高ですよね。

買い物には車が必要ですがね。

 

私はその田舎の実家に戻っておいでと

ありがたいことに言ってもらって

両親も大好きなんだけれど

緑しかないところが

なんか面白くないんですよね。

対人恐怖症で

ゆっくり療養ならちょうどよさそうに思えるかもしれませんが

そうでもないんですよ

静かなあまり人のいない田舎で

近所の人と関わり合いながら

って

多分ものすごく寂しくなると思うの

 

これですよこれ

街がいいな

近所の人との関わりはほぼなく

知人もいないけれど

それぞれにそれぞれの人が

ワイワイしているところで

(寂しくはならないから)

一人で過ごしているのが好きなの。

ちょっと理解され難いかもしれませんね。

ステータスな街の名前だから

カッコつけているのもあるのかもです^^

 

だから

選択肢を広げるためにもお金を貯めておいて

(なんとなくだいぶ前から

うつになりそうじゃね?って自分で気付いたりしませんか?)

好きなところに住みましょう。

最初は色々手間があるけれど

意外とやれば

ポンとできるもんです。

f:id:mekkukun:20190105205513j:plain

では

またお会いしましょう^^