凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

鬱なのかパニック障害なのかわからないから調べてみた

スポンサーリンク

「ほうほう。私は鬱だな。」

と調べまくり確信を持って颯爽と病院へかかり

ちょっと調子の悪いふりをしていいのか

大げさに言ってみようかな

などと演技も入っているのか

体調が本当に悪いのか

ただ怠けているだけなのか

それとも他の病気なのか

わからなくなってしまうのは私だけでないだろう。

 

うつ病と併発することの多いであろう

または

鬱に症状が似ているパニック障害のことについて

静岡新聞の記事に載っておりました。

意味のわからない症状も人それぞれの鬱という病気。

色々と知っておいたほうが安心ができるということで

記事にします。

 

 

 パニック障害とは

センサー誤作動?

心臓の病気?

発作が起きる場所は

治療は

体の異常からくる症状ではない

認知行動療法

「大丈夫」回復するよ

 

 

パニック障害とは

激しい動悸や発汗

息苦しさなどが突然現れ、

「死んでしまうのではないか」と言った強い恐怖に襲われるらしい。

また発作が起きたらどうしようという不安から似たような場所に行けなくなるなど

生活に支障が出るのがパニック障害だそうです。

そんな死んでしまうかも!!何んて思う恐怖が発作的に訪れるなんて

恐ろしすぎます・・・。

が私 電車の中で

常に息苦しさや動悸や発汗はあります

ただ鈍感すぎて

はたまた常に調子が悪くて

死んでしまうかもなんて恐怖の方にまで気がまわらないのか

という気さえします・・・。

 

センサーの誤作動?

原因はわかっていませんが

二酸化炭素を感じる脳の誤作動が引き金となっている説があります。

 

パニック障害で生じる症状は動悸などのほか

吐き気、めまい、胸の痛みなど多様です。

それなら時々、ありますよね

鬱の人もパニック障害と似た症状なのでしょうか?

死の恐怖以外に

「自分は正気ではなくなってしまった」という、

コントロールを失う恐怖感に苦しめられる人もいます。

共通するのは突然出現して数分でピークに達し、

短時間で治る点だそうです。

短時間で治るとういところは鬱とは違いますね。

鬱では

コントロールを失う恐怖感もありませんしね。

 

 

心臓の病気

を心配する人もいるようですが

パニック障害の場合、心臓に異常はないそうです。

きっと鬱の場合も心からくる症状なので

心臓の病気ではないと思われます。

 

発作が起きる場所

は電車や飛行機など乗り物の中が比較的多いようです。

ただ、

これもさまざまで、家でくつろいでいる時とか、

就寝中に起きた人もいるそうです。

私の古い記憶を辿ると

小学6年生の卒業式の練習で初めて

とんでもない悪寒に襲われました。

卒業式当日も同じようのものすごい嫌な気分になりました。

パイプイスの背もたれにあたる背中が

座っている時に恐ろしいくらいに気持ち悪かったです。

卒業式に冷や汗をかいて

耐えていたなんて

今考えると私頑張ったなあって思います^^

 

治療

は、薬と認知行動療法の組み合わせが効果的だそうです。

抗うつ剤を基本に

症状が強い時は抗不安剤を併用し、

発作がない状態をまず実現します。

鬱の時と薬も認知行動療法も同じですね。

 

認知行動療法

では、体の異常からくる症状でないことをよく理解した上で、

発作を経験したのと同様の場所に行っても大丈夫という

経験を少しずつ重ねていきます。

鬱でもそうですよね

仕事場近くまで足を運んでみたり

ちょっと遠出をしてみたり

調子が良い時から少しずつやってみますよね。

電車に乗れなくなったという人の場合

最初は各駅停車で一駅だけ乗ってみる

大丈夫なら次は2駅。

信頼の置ける友達を乗ってみるなど試すと良いですね。

 

症状が軽くなれば薬は不要になります。

治療開始が早いほど治りやすいので

受診をためらわないことが大切だそうです。

鬱も同じことが言われますよね

 

私もブラック企業で少しずつ元気が無くなって

何も楽しく無くなって疲れて寝ても

全く元気にならなかった時の

22年くらい前から鬱だったんじゃないかな

と思います

そんな概念は昔はなかったけれど。

あの頃に戻れたら

「病院に行ってみたほうがいいよ」

って伝えたいな。

長年の鬱で

病院に通院するようになって

1年6ヶ月。

治療を始めるまでの期間が長いから

治るのも時間がかかるんだと思われます。

それはとても残念だけれど

鬱の経験を活かせる

鬱だからフルタイム勤務をしないなど

利用する手を考えれば生きやすくなるよ

やったね。

きっと

今、不安で焦っている人も

たくさんある時間

経験

立場を利用して生きていける道を

それなりに楽しく考えて

利用していけばいいと思うの。

何ができるかは模索中だけれど。

とにかく

鬱もパニック障害も

「回復するよ。大丈夫。」

f:id:mekkukun:20181219231509j:plain

パニック障害と鬱はよく似ているけれど

衝動的な恐ろしさがあるのはパニック障害で

鬱はそこまで激動はないけど

継続的に

朝の気分が悪いとか

寒くなると気分が悪い

気圧の変動で悪くなる

状態が長いのが鬱なのかなと思います。

 

人それぞれであることは

その通りなんだけれどね

 

では