凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

夫のDVから逃げてきて鬱になって働けない人ができること

スポンサーリンク

夫のモラルハラスメントから逃げて鬱になって動けない人のために書いていく。

元の家の住民票のある場所から

今現在の市町村への移動をできない人(家を突き止められないため)で

離婚をまだできていない人限定の記事です。

 

まずすべきことは体や心を休ませることですよね

頑張りすぎた結果の病気だったと思うので

仕事も休む方が良いと私は考えます。

 

入院されたり

実家に戻る決断をしたなら

それでいいと思います。

衣食住が賄えることは大きいです。

するべき申請は2つ

  •  自立支援医療制度
  • 障害年金

です

自立支援医療は簡単

医療費が1割負担になる制度です

鬱で通院している場合は大助かりします。

最高支払い額も限度額があり

一月いくらまでいったらそれ以上は払わなくても良いという

大変ありがたい制度です。

お住いの市役所に行って

DVの理由で夫に居場所を知られたくないことを

しっかりとお伝えください。

詳しい説明はここ

 

www.koottasekai.com

あともう1つがものすごいめんどくさいです

ものすごいです

これは基礎年金(夫の保険の被保険者になっていた場合)

(自分で年金を払っていない場合)で

一年6か月以上鬱で病院に通っていて

鬱による生活状況の程度により(審査もあり)

一年で数十万が支払われる制度です。

 

まずね

以前住んでいたところの市役所でもなく

現在住んでいるところの市役所でもなく

年金事務所へ行って下さい

今の市役所は管轄外で

以前の市役所では結婚で年金の加入方法が

だい3号とかになっているようで対応できないのだそうです。

年金事務所は混み合っていて

予約の取れるのが1ヶ月後などになるので

裏技として年金事務所のオープンの15分くらい前に行って

オープンを待っていると

飛び入り枠のようなものが受付してもらえることもあるようです

(私はこの飛び入り枠を利用しました)

 

年金事務所ではまず簡単な相談をします

このときもDVで住居届けを変更できないことを

お伝えください。

職員さんがとても良い方で察してくださって力強かったし

体調面も気を使って下さいました。

 

まずそこで鬱での症状で一番初めにかかった医者の

簡単な証明書の記入用紙をもらいます

障害年金ではいつ頃どこの病院にかかったかで

違いが出るようです。

職員さんが良い方だとしっかり教えて下さいます

その証明書を病院に提出し記入してもらいます。

病院では1ヶ月くらいかかってしまうそうです

病院から送りつけか受け取りかと聞かれたら

受け取りにします。

モラハラ宅に取りにいくのは絶対やめたいからです。

 

その証明書ができて取りに行ってから

年金事務所へ連絡をして相談に行く日を決めます。

私はまだここまでです

 

症状の詳しい説明(自分記入)と

現在通院中の医師による細かい診断書

それを年金事務所や

市役所から障害年金特性の医者へ送って

審査が通ったら受給資格がもらえるらしいです。

しかも審査に通る場合ばかりではありません。

社労士に頼むこともできますが

私には手持ちのお金がありません。

スッキリです^^

自分でやってみることに決めました。

時間はたっぷりありますし

いい勉強になりますw

 

いや〜それにしてもめんどくさくて

2日かけて事務所と病院と以前の病院と

市役所2箇所を徘徊しましたよ・・・

では続きがはっきりわかったらまたここにアップしますね^^

 

ゆっくり休んでくださいね^^

 

では