凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

DVから逃げてきてからの自立支援医療費の申請の仕方

スポンサーリンク

ふわっと暖かくて

体調も良くなりそうな天気ですね^^

 

今日はね

DVで住民票を移さず逃げてきた女性の

精神疾患になった時に活用できる

制度について書いていくね

 

まず最初にできることに

自立支援医療制度(精神通院)というものがあります。

 

遡って医療費助成できないので

6ヶ月以上、同じ病気で通院している人は

6ヶ月を過ぎた時点で即申請した方がよいです。

この制度では

医療費と薬代の窓口で出すお金が3割負担から1割負担になります

最大で上限1万円以上は負担しなくてよくなります

(負担は0円から1万円の間 課税額により異なります)

地域によって異なることもあるかもしれません

最大負担額は即わかります

申請時に市の役員が教えてくれます^^

 

まず市役所の障害福祉課へ行って

自立支援医療費支給認定申込書をもらってきてください

それを通院している病院の先生にそのままお渡しします

 

その時先生に記載してもらう住所は

住民票のある以前の住所でなく

今現在住んでいる住所を記入してもらいます

私はメモを渡しました。

病院にもよると思いますが1日あれば書いてもらえます

病院に行った勢いでw

ちょっと頑張って!

住民票のある以前住んでいたところの市役所へ行き

夫の課税証明書(働いていたら自分のもの)をもらって来てください

住所変更をしていないので

すんなりもらえるはずです(夫の了承は入りません

 

では市役所(障害福祉課)に持っていくもの

  • マイナンバーカード
  • 保険証
  • 自立支援医療診断書(病院で書いてもらったもの)
  • 本年度(今だったら平成30年度)の課税証明書
  • 印鑑
  • 病院と薬局の名称、住所がわかるもの(領収書)
  • 今住んでいる所が証明できるもの(光熱費の領収書←ポストに入れられてるやつ)
  • 運転免許証

 

です。

病院にはあらかじめ自立支援医療制度を受けたいことを

話しておくとよいです。

私はこの制度を知らずに1年6ヶ月の通院をしていました。

 

 

 

意外に簡単に手続きできたので

もっと早くやっておけばよかったなあと思います

市役所の方に聞かれたことは

なぜ住民票を移動できないのか?ということと

なぜこの場所に引っ越して来たのか?

単身か?

ということでした。

※何度も市役所で夫のDVからの別居で

住居が知られたくないことを伝えてください。

 

住所を知られたら

安心して過ごせなくなってしまいますから・・・。

 

ではハッピーライフを・・・^^