凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

簡単な呪いの藁人形の作り方

スポンサーリンク

こんばんは

おひさしぶりです。

私の人生で最も長期の休暇をとっております

いつまで働けないんだろ。。。

 

それはそうと弟から

呪いの藁人形の簡単な作り方を聞いたので

お伝えします

 

こんな嫌な話聞きたくないよ

と言う方

真剣に呪うことをお考えの方は

ここから先は読まないで下さいね

 

 

 

 

では始めます

藁や釘などいりません

 

用意するもの

  • 男を呪うなら黒い折り紙
  • 女を呪うなら赤い折り紙
  • 口紅
  • セロテープ

ではやり方です

  1. 折り紙を人の形に手で切ります(ハサミを使ってもいいが手の方が怨念が伝わる)
  2. 人の形に切った折り紙に呪う相手の名前を口紅で書く
  3. 丑の刻(夜中の2時)が最も気の交流が盛んになる時間です。それとともに出かけましょう
  4. 神社の木などに張り付けて攻撃をしましょう 
  5. 攻撃の仕方はボールペンで刺したり画鋲を刺したりです

 

そうです。

夜中の2時に人目のつかない誰もいない神社の木に

折り紙の人型を貼り付けて

ぶすぶすと地味に攻撃を繰り出すのです。

弟の話では何人もの人が試し 実際に効果があったと言われております

 

しかし注意点があって

呪いをかけた本人も

呪われた人と同様くらいのレベルの

精神的な苦痛や心の負担を強いられるそうなので

オススメしないよ

ってことでした。

 

よく考えると

人を恨んだり呪ったりすることは

面倒です・・・

かと言って

呪いたいほど憎き相手を許せるものでもない。

そんな時は視点を変えてみて

 

クソみたいな相手に攻撃されたかっこ悪い自分を許してあげましょう

ちょっとカッコつけて言いたかった 笑

 

クソ!

カメムシが家の中に入ってブンブン飛んでる!

では