凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

うつ病 朝の簡単な習慣で1日の気分良くする

スポンサーリンク

さて

うつ病といえば朝の調子がとんでもなく悪く

憂鬱で気力もなく

何より起きれないですよね。

それを簡単に治してみる方法を試しみた。

 

方法はこうだ

朝に必ずしている習慣を変える

そう

「あ〜今日も嫌な1日が始まるな。」

「くそう。今日も忙しいな」

「今日も一日 何もできないで終わるな 暇だけど」

という考えをかえる

 

「よし。今日も一日が始まるぞ♫」

「爽やかな朝の幕開けだ♫」

「すっきりと起きてゆったり過ごそう」

とかポジティブな考えに変えるだけ

 

D aigさんが言ってた

どこかの有名な大学の何百人の生徒で試したところ

朝いやな感情を持ってから学校に来ると

効率や意欲が失せて気分の悪い一日で

その日1日は勉強が身につかなかったと。

その朝の嫌な思い込みの習慣を逆に変えてみる

というやり方

ただ

無理やり思うだけ

だからやりやすいし

そのまま

起きる前に思うだけなの。

 

世間の働く人たちや

子供達がサクサクと動き出し

犬の散歩や子供達の登下校の声で

アパートの外も騒がしくなるのを尻目に

ベットに横になり空を見上げる

それは虚しいわけです。

というか

こんなことは私だけかもしれないけれど

今まで一度だって朝楽しいこと考えたことない

そう根っからの憂鬱な気分の持ち主さ。

それで今朝やってみたんですね そしたらすっと起きれた

今もこうやってサクサクとブログを書いている

良い気分♪ 気のせいかもしれないけれど 笑

 

ただ考えるだけで 何もいらないから やってみて。