凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

あなたがダメだなんて誰が言ったの?仕事ができないなんて誰が言ったの?

あなたがダメだなんて誰が言ったの?

ミスが多くて仕事ができない

そんな言葉は誰が私に言ったのだろう

気づけばいつもいつも私は仕事ができないと

抽象的だが確実に誰かに言われたように考えていた。

そしてとても迷惑をかけているんだと思った。

ある日言われた。

「あなたが思っているほど大きなミスをしているのかな?

案外周りは気にしていないし

ミスしたら

ミスをリカバリーすればいいだけ

世の中はリカバリーリカバリーでできている^^」

って

そうかな。。。

そうだよね

でも自分はミスを取り返そうと頑張るけれど

人に迷惑かけてるよ

きっと。

そしてたくさんの過去の記憶に思いを馳せた。

高級飲食店で働いている時だった

店長が教えてくれた

「社員の丸々と丸まると丸々 みんなが

めいさんにを応援してるって言ってる。

驚くことに皆、言ってる

俺からも

応援してるから

が・ん・ば・って♫と

店長のヤクザキャラから外れたチャーミング路線で

そう言われたこともあった。

この前働いた美容院の店長

私が仕事を辞めないように必死だった

「仕事を辞めれるなんて思ってないでしょうねえ?❕」

と。

父が教えてくれた

「仕事ができない人に

仕事を辞めさせないなんて言わないよ。

はっとした

そうかそうなんだ

と。

自分が頑張っていることは

自分が理解できてはいたが

自分をダメだと言う言葉は

自分自身が過去の記憶から拾ってきた

ぼんやりしたイメージに過ぎないのかもしれない。

ミスはそれでも本当に多いのかもしれない

それに小さいことをくよくよと考えすぎる性格だ

そこで閃いた

もうお気付きですよね

後ろをご覧ください

後ろの赤いまるで囲ったところ。。。。

ひゃああああああ❕

まるでこちらを睨むような大きな顔

怨念だろうか・・・

怨念だかなんだか知らないけれど

だったら

ミスを出す仕事につかなければいいんだ

精密なことならもうじきAIがやってくれる世の中になる

もうすぐそこ。

自分にしかできないこと

得意なことを具体化させて

仕事の選択肢を増やそう^^

建設的ないい案だと思うがどうだね

マイケル君。

では❕