凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

鬱病の人の体型

鬱の人の体型についての話をしていくね

今回は睡眠導入剤をたまに服用の環境の人について書いていく

(精神安定剤は

どの薬も代謝に影響を与えるので太りやすいそうです)

 

ムンクの叫びのような

痩せこけ顔色が悪いイメージとは違い

鬱の人は太っている人が多いと言う

実際に私が会ったことのある鬱の6人中4人の人が太っていた

心療内科に行くと覇気のないどんよりした鬱なのかなと思える雰囲気の方は

ぽっちゃりしている

私も例に漏れずぶよぶよと太った

 

理由はこうだ

 

ほぼ動かないのに

時間になると

なんとなく食事取ろうかな〜

となって食べる

と言っても面倒なので

簡単に食べられる物

カップラーメンやポテトチップスや菓子パンを食べる

このように

簡単に食べられる

カロリーの高いものを好むそうだ。

動いていないのに

カロリーを取りすぎたら

それは太るわけだ><

単純な話だ

 

でもさ

コンビニに行っても

買うものが決まらないし

食べたいものが太るものだけれど

バランスがいい食事を気にかけているし

ここで材料を買って作ろうと思わないものねえ

 

まさに思考の低下

それにさ

働いていなくて貯金もなくて

太る食物をわざわざ買うのは

罪悪感がつのる

こんなネガティブ思考にはまり

外に出るとものすごい疲弊するのだ

 

こうなったら

もう決めてしまいましょう

買うものを

とりあえずトマトジュース

バナナも良いそうです

カロリーは高いのに。

とりあえず

これを飲んで食べよう。

 

バランスのいい食事と

朝はカーテンを開けて太陽の光を浴びて

歩けば大丈夫。

と教えてもらった

 

よし

行けたら買いに行こう

 

なんか真面目な話すぎて

疲れるね

では