凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

疲れ果てた

スポンサーリンク

弁護士さんにね
どうして離婚の協議が長引くの?
モラハラ得意の弁護士でってお願いしたじゃない?
それで長くても2〜6ヶ月で
それ以上になると調停だと言ってたじゃない?

ってもうちょっと丁寧な文章で聞いたの
そしたらね
だーーーーーー
ダダダダーって
下まで
何度も何度もスクロールしないと
見れない長文を
返信してきたよ。
予想した以上の言い訳だった

弁護士さんがいうには


もっとも調停を行う場合、
相手方の住所地の裁判所で行うことになりますが
○○まで行って調停となりますと
めいさまにも調停の期日の度に
○○まで来ていただく必要があり
先方と同じ建物内に長時間いなければならないという
負担もかかることになりますし、
弁護士費用の面でも、
追加の着手金や
私や○○が出張するため
日当が発生することから
経済的にも相当の負担が生じることになります
したがって
調停に移行した場合の負担が
大きいと考え、
相手方の回答を待ちながら、協議離婚での合意を
目指しておりました

結果的には、いまだに協議離婚の合意に
至れていないわけであり、
先方の単身赴任も終了したことを踏まえると、
より早い段階で
調停に移行する選択肢もあったかもしれません。
しかしながら、私が、これまでめいさまに
調停移行するということを
進言していなかった理由は上記のものになります。

現在は相手方が○○に戻ってこられ
遠方まで出向くという負担は無くなって
おりますから、
調停に切り替えて、相手方と話し合いをするという
選択肢も考慮されていいと思います




こんなような話が永遠と・・・
言い訳にしか聞こえません

そして
相手に送りつける
文章が
やっとこさ
添えつけられてまいりました

その全貌を見た私は
驚愕し
そして
がっくりとうなだれ
身体中が疲れに飲み込まれ
顔は赤く火照ったのです。

まるで
小学校高学年の書く
文章のようでした。。。。
執筆し難い
文章力のなさ。
その中に
「めいさまは
夜が寝れないなどの体調の悪化をきたしており」
私が話した内容そのままがちょいちょい出てきて
被害者ぶった訴えを
そこにポロリんと記してあって
ポロリした
自分のことが
とっても恥ずかしくなって
これをずっと待っていたのかと思うと
とても悲しくなってしまったのです

他に何か
加圧修正するところなど
ございましたら
何なりと・・・・
って書いてあったけれど
この文章をベースにするのかい
加圧修正を申し出たところで
たかが知れてるわいって
恥ずかしくなってしまうような
私の記実が増えるだけ
こんなに訴えてるのに。。。

もう
ネガティブのオンパレードです
きっと人相も悪いです
自分の眉間にシワがよっているのが
わかります