凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

自分を大切にするという感覚

スポンサーリンク

自分で食事を作って食べる

なんとなく食べる度に元気になる気がします

ので

今晩も作りました

f:id:mekkukun:20180430211131j:plain

そして

ぼろっとしていたシーツを新しいものに変え

掛け布団カバーも洗濯し、取り替えたの

考えたのだけれど

私は面倒臭がりで

仕事では掃除とか一生懸命やったし

モラハラ夫の元にいた時は

修羅場になるからそれはもう神経をすり減らして

一日中そこらを磨いて整理整頓、家事育児だったの

でも

自分のために料理、掃除をしたことなかった

ただただ面倒だったからね

f:id:mekkukun:20180430211217j:plain

物事には

優先順位があるからさ

自分のことは最下位。

妻で母なんで常識の名の下に

当たり前になっていた。

そして

今まではお手軽料金よりもちょっと高い(私にとっては)

ファンケルの化粧水を

あの高級ブランド(私にとっては)THREEのものに変えたの

とってもリラックスできる香りで

小さな頃虫歯の歯につけた

今治水(コンジスイ)という薬の懐かしい香りがした

父と母と兄妹達と過ごした楽しい日々も

ボロボロの小さな家も

次々に思い出される

この化粧水は

今の私にはとてつもなく必要なもので

蔑ろにしてきた自分の

肌を素から綺麗にすることは

自分を愛おしむ行為だと

自分を大切にする行為なんだと

知った。

 

なんて肌理の細かい

綺麗なお肌なんでしょう❕

乾燥しているのすっごく勿体無いですうぅ。

と可愛いお姉さんに

営業トークを言われたからではありませんよ

。。。

 

自分を大切にすることは

心が軽くて気持ちよくなることなんだね

感覚がつかめた

 

モラルハラスメントの修羅場の日々から

普通の日常へ

少しずつ進んでるよ。