凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

モラハラ被害書の傷

スポンサーリンク

ほら

みてくださいな

またネガティブが炸裂しております

心の癖ですよ

このややこしい癖がなくなれば

どんなに楽チンになるんだろうねえ

 

 

確かにメールにご記載の状況では相手方が親権者として
適切に子供の監護養育を出来るのかどうかは疑問が残ります。

離婚にあたり、親権をどうするのかはたいへん悩ましい状況ですが、
今後、相手方と話をしていく上で監護養育に関する適切なプランが示されない場合には、

別居しながら、めい様が親権者になるという
例外的な結論を選択することも検討する必要があるかと思います。

上は弁護士さんからのメールです
上の子にお小遣いをあげていないかも知れない
上のこから食べるものがないと連絡が来たこと
夜勤で家に帰らないのでその時の
子供たちが食事をどうしているのか
わからないこと
下の娘の布団のシーツがボロボロで
布団が血まみれだったことを
お伝えした時の返答です。
ややこしことばかり
ここに書いてしまってごめんなさい

親権者となり
別居しているということは
以前弁護士さんに相談した内容からすると
モラハラ男がいない間に子供達の食事を用意しにいく
家事をしに行く
その他子供達の学校の用事に
対応する
それをモラハラ男と一切接することなく
行うことは大変難しい状況だと
聞いた。
というか
私の仕事は
生活環境は全てを子供に合わせるのかいな
明らかに
疲弊するではないか
ただ単に
モラハラ男に良いように
利用されるだけではないか

だからと言って
子供達を託すのは
危険である
明らかに
普通の育ち方をしないのは明白だ
表向きの上では
大きな素敵な家で
子煩悩な父親が
一人手で
二人の育ち盛りの子の
育児をしてるようには見せるだろう。
だがそれは
父親に怯え
ハリボテな中身がすっからかんの
自立できない大人に育てることだと
私はわかるから
とても悩んで悩んで
ここしばらくはとても
息苦しいです

私は幸せな生活を手にしてます
それなのに
一生懸命に子供のことを勝手に考え
勝手に苦しんでます
この思考の癖は
モラハラの人間に
支配されコントロールされ虐待されたことによるものです
こんなにまで
心の奥底まで大きな傷を残してます。
一生この精神状態から
抜け出せない気がしてます

たくさん居る
母親の友達へ母は
娘の私の話をいつもします
彼女たちは
娘さん本当に大変ね
誰か周りに娘さんの理解者はいるの?
多くの人たちがそう言って心配してくれているそうです。

私の理解者は
このブログでコメントをくださる人と
母親くらいです。
もうほとんど
友達とも話さないし連絡もとってません
だって
何度も何人にも
モラハラを理解されなくて
逆に夫の肩を持たれ
もっと旦那さんを理解してあげて
もっと優しくしてあげて
家では甘えさせてあげてよ
って言われたよ
何不自由ない家庭で
普通の旦那さんで
対等な立場でお互いに思いやっている家族構成の人たちに。
私にとってみれば
それはとても苦しく
モラハラ夫に八つ当たりされている時のように
自分を自分で苦しめることになるんだから

誰も私をわかってくれないし
こんなに苦しいなら
消えた方がマシ
って
またこのネチョネチョの話を繰り返すでしょ 私。

いやだわ〜