凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

モラハラ夫の攻撃

スポンサーリンク

さあ、子ども達と過ごす日が

一生の内

あと6日となり

そんな矢先、下の子が

「明日、お父さんと旅行へいく。」

と言いました。

 

上の子には父親からのお誘いはないようで

旅行の話は知りません。

兄妹間の差別、

そして母親から離すという

二重の嫌がらせをしかけてきました。

さすがです。

表彰したいくらいです 

モラハラ帝国の大統領級です。

(他所からみたらたいしたことないかも

しれませんがモラハラ環境のターゲットに

なっていた私や上の子だけに

ショックを与えるやり方なのです)

 

ずっと仕事なので

子ども達と1日いれる最後の日

だったのに。✨

 

最近は

写真を根こそぎ持っていかれても

涙もほぼ出ませんでしたが

ここへきて

目にじわりじわりと

熱いものがこみ上げてきました。

どうして?

何も悪いことしてないのに

こんなに酷いことしてくるんだろう

理不尽です。

 

そうだ!最近の私は

捉え方違うんだったわ

と思い直しました

 

明日は下の子が居ない間に

出来るだけ多くの

荷物を運びます。

車は履歴が残るので電車で。

上の子が私が荷物を運び出すとこを見たら

ショックを受けるので

早朝にやってしまおうっと

やる時はやりますよ。

モラハラが買ってくれた

安いタンスは捨ててしまおう

小さなロフトに

収納ケースをびっちり並べて

よう服の見えない

めちゃくちゃスッキリした

生活感のない部屋にしよう

何もかもがスッキリ作戦を

決行します。

明日は楽しみです(^ー^)

 

ライブドアブログにも

少し書いてます

http://blog.livedoor.jp/mekkukun/archives/51737249.html

 

では(^ー^)