凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

おぞましい記憶

スポンサーリンク

モラハラ館は生き地獄でした

 と

その前に

小、中、高校と大人しいほぼ話さない時代を過ごしてきました。

友達は特におらず

遊びにも行かず

静かで惨めで楽しくない日々だったとはっきり言えます。

そんな自分を変えたくて18歳になると

華やかに見えた美容師の世界に飛びこみました

 

専門学校では個性的な格好の

個性的で自由に自分を表現している人たちがいる

「めい〜お金かして〜」

人から都合よく使われる大人しい変わらない自分。

 

美容室でも掃除を一生懸命頑張る真面目で大人しい人

何年も何年も掃除や練習

自らを差し出すことで

必死に努力して練習をして上手になって

人に認めてもらいたい

だけど

どれだけ頑張ったって

張り裂けそうな心は報われることはありませんでした

 

怖い怖い・・・

何かに毎日怯えて疲れ果てていました。

 

8年後

大好きな男と

幸せな家庭を気づける!

どんな困難でも私は大丈夫

我慢して頑張って乗り越えてきた

穏やかで平和で愛に満ちた家庭を作れるんだ・・・

玉のような子供wを授かりました 

しかし結婚相手は

モラハラ男でした

モラルハラスメント家庭は地獄です

毎日が冷や汗と動悸と恐怖と罪悪感に満ちていました

 

ある日

モラハラ対策カウンセラーJoeさんのブログを見つけ

やっと身に起きている出来事に気づき

死ぬ思いでモラハラ館を脱出しました

 すでに大きくなっていた子供2人は

モラハラ館に残ることを決めたようです。

 

これから先、

私はモラハラのない

子ども達もいない

1人の日々を過ごして行きます。

 

先の見えるモラハラ地獄か

先の見えない不安定な生活か

どちらを選ぶかは

私自身なのだ。

そこを決める権利があることも全く消えてました

マインドコントロールで。

 

生活の不安なんて

モラハラにあったことのない皆も

持っているものだし

何も恐れることはないと思う。

 

身の丈の衣食住があればいい。

 

モラハラから脅されない健全な

生き方ができていればいい。

そして後悔しない一人分の人生を生きたい

 

私、実は

モラハラ館で自死して

モラハラ館を事故物件にでもして

価値を下げてやることが

たったひとつの復習だと思ってた。

今考えると

モラハラ夫のマインドコントロールにかかっていたのだ。

自分で考え決断したことではあるような答えと

全て私が悪いのだという罪悪感

それこそがマインドコントロールの真髄でした

 

いつか

モラハラと暮らしたおぞましい日々が

消えはしないけれど

気にならなくなる日まで。

そんな自分を楽しみに

焦らずに待ってようと思う。

 

現在鬱の療養中で一人暮らしをしています

心理カウンセラーの資格をとり

メンタルトレーナー

認知行動療法士の勉強をしています

私の経験が

人が良すぎるがために

都合よく利用され

苦しんでいる人の助けになりますように。

               

                   めい