凍った世界

 ■隠れながら生きるのやめました■ブラック企業就職8年/モラハラ環境17年脱出/鬱/心理カウンセラー/メンタルトレーナー/認知行動療法士/画家■絵を見ながら心の旅を/心の治癒を目的としたブログです■モテ人研究会の会長

ポジティブな子育て

スポンサーリンク

私の大切な子ども達は

4月から

モラハラ夫と暮らすことになりました。

 

学校のこともあり、ステキな部屋もあり

家を替えないことを本人達が選び

そこに家の主のモラハラが来るというのだから

私には成すすべはありません

万事休す。。。

 

だけれども

もう後ろは向きません

子ども達は中学生と高校生

身勝手な大人を

上手く利用する知恵がついたのだと

思います。

でももし、

耐えられないほど嫌だと感じたら

逃げてもいいんだ

そういう選択もありだな

と私がお手本になれたんだから

本当に良かった❗✨

 

初めて友達に

子ども達のもとを去ることを伝えたの

そしたらね

めいさん、よく頑張ったね✨💪

生きるって本当に色んなことが

あるよね✨

って(^ー^)褒められた

でもね

その友達のところも

驚く事態がおきてたの。

なんとね

来年から高校生になるはずの

息子さんがね

「まだ中学校の先が決まっていません。
子育ては親や養育者の仕事だとは思うけど、
自分の力だけでどうにかなるものでもないよね〜。
色々、本当に色々と考えさせられます。」

って!!!

ギョッとしてしまった。

中卒???あわわわわ

と私なら大慌てだが

しっかりと現実を見ている

親の力だけではどうにもならないことも

あり、

世間体を気にしたり

嘆くわけでもなく

ただ、考えさせられるって

確かにそうだ。

この友達には

敵わないよ。✨

ポジティブが

眩しかったけど

私もポジティブチームに

片足突っ込んでみてる。

なかなかいいものである

身に起きてることは

良いことではないかもしれないけれど

発想と転換で

いくらだって

幸せにもなれるし

笑顔になれる

最近思います。

 

これを市の相談員さんに

話したの

そしたらね、

自分自身で認知行動療法してるようだわ

って言ってた。